FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽エネルギーを活用して、花粉症を改善する方法

花粉症をはじめとして、様々な病気を治す方法のひとつに、太陽エネルギーを活用して、自己治癒力を高める方法があり、私は以前から注目していました。



人間は、本来自分の持っている能力(潜在能力)で、病気を治す力があり、これを自己治癒力とか自然治癒力と呼んでいます。

この能力を引き出す方法がいろいろとあり、その方法のひとつとして、太陽エネルギーを浴びる方法をご紹介します。


太陽の光には、免疫力や殺菌力を高めるはたらきがあるそうです。

このことは、西原克成先生の「免疫力を高める方法」という本を読んで知りました。

暗い部屋に閉じこもって、太陽の光を浴びなかったりすると、新陳代謝の機能が低下し、体温調整がうまくいかなくなるのです。

よく紫外線をあびると、体に悪いから太陽の光を浴びないほうが良いといわれていますが、紫外線は地球に注がれる全エネルギーの8%くらいしかないので、それよりも、むしろプラス面に注目すべきです。

この本によると、例えば、アラブ人女性は、皮膚が日光に当たらないように全身をベールで覆っていますので、ビタミンDが不足して、骨粗しょう症や骨軟化症になる人の割合が多いということです。

また、ビタミンDの不足は、結腸がん、乳がん、前立腺がん、子宮がんなどを引き起こす確立が高いそうです。

ですから、免疫力の向上というプラス面を考えれば、太陽の光を積極的に浴びたほうが良いでしょう。


さらに、右脳の潜在能力開発の本で有名な七田眞さんによると、太陽視で病気が治るという話です。

太陽視というのは、朝の太陽を直接3秒間くらい見て、その太陽の光が体の中に入っていくのをイメージすることにより病気が治るというものです。

ただし、これは即効性があるわけではなく、毎日長期間にわたって行うことが大切です。

私も以前は実行していましたが、なかなか続かないものですね。
関連記事

| 潜在能力の活用法 | 21時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kafuntaisitu.blog79.fc2.com/tb.php/15-23b4ec58

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。